お知らせ

『トマト』について⁉️
2021/07/20
ペルー、ボリビア、チリ北部にかかるアンデス高地が原産地とされ、インカ帝国においてはすでに栽培が行われていました。大航海時代の16世紀にヨーロッパへ伝わりましたが、果実が真っ赤なことから有毒植物と思われ、当初はなかなか普及しませんでした。

日本へ渡ってきたのは17世紀頃で、江戸時代の絵師である狩野探幽が寛文8年(1668年)にトマト(唐なすび)を描いています。ただし当時はまだ観賞用で、食用として栽培されるようになったのは明治時代以降。一般家庭にトマトが普及したのは第二次世界大戦後になります。

選び方❗️
⚫︎張りツヤごある
⚫︎ヘタがピンとしている
⚫︎ お尻に放射線状にスジがある
お尻に(果頂部)を見たときに放射線状のスジがきれいに出ているものは甘味が強いとされています。

注目成分❗️
リコピン、ルチン

トマトの赤い色素成分「リコピン」はカロテノイドの一種で、高い抗酸化作用があり、免疫力アップや発がんを抑える効果があるといわれています。

期待される効能❗️
風邪予防、がん予防、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防

粘膜や皮膚を強くし風邪予防に作用するβカロテンや、余分なナトリウムの排出を促すカリウムも比較的多く含まれています。

以上ありがとうございました😊

🍱本日のメニュー🍱
⭐️白身魚のトマト煮
⭐️根菜の五目煮
⭐️チキンオムレツ
⭐️カニ風酢の物
⭐️チンゲン菜のしらす和え

日頃より名古屋市西区全域に配食サービスとして食事を配達しています。
訪問介護などご利用の方のご自宅やデイサービスなどの施設など
お食事でお困りの方はお気軽にご相談ください。
『トマト』について⁉️
『トマト』について⁉️
『わかめ』について⁉️
2021/07/19
日本でわかめが食べられるようになったのは、縄文時代(紀元前6000~300年)からといわれており、青森県の亀ヶ岡遺跡から、縄文土器と一緒に発見されています。

江戸時代には、産地の名前でおいしさが判断される「ブランドわかめ」が登場し、昭和30年代後半からは三陸地方を中心にわかめの養殖が始まりました。

わかめのぬめり成分は「アルギン酸」という多糖類の一種です。
余分なコレステロールや糖分の吸収を抑えてくれるので、「動脈硬化」「脂質異常症」の予防や改善が期待されています。またわかめには全身の代謝を助ける「ヨウ素」も含まれており、発育を促進したり、健全な体調維持する効果もあるといわれています。

わかめのねばり成分である「フコイダン」には「免疫力の向上」「胃の粘膜の保護」という役割があり、「胃炎」「十二指腸潰瘍」「胃がんの予防」に効果が期待されています。
また、わかめの色素成分である「クロロフィル」には抗酸化作用があり、「発がんの抑制」に効果的であるといわれています。

また美肌には欠かせない、コラーゲンの生産を促進させる「フコキサンチン」も含まれており、「ニキビ予防」「シミ予防」「髪を美しく保つ」など、うれしい効果が盛りだくさん。
まさに「美容食」です。

以上ありがとうございました😊

🍱本日のメニュー🍱
⭐️デミグラスハンバーグ
⭐️三角いなり
⭐️キャベツとウィンナーのカレー炒め
⭐️中華わかめ和え
⭐️小松菜の煮浸し

日頃より名古屋市西区全域に配食サービスとして食事を配達しています。
訪問介護などご利用の方のご自宅やデイサービスなどの施設など
お食事でお困りの方はお気軽にご相談ください。
『わかめ』について⁉️
『わかめ』について⁉️
『切り干し大根』について⁉️
2021/07/17
切り干し大根の歴史は古く江戸時代から食べられていました。
現在は宮崎県が全国でも有数の切り干し大根の産地だが、当時は尾張物といって愛知県が主な生産地だったようです。

やがて明治時代に青首大根とともに宮崎県に切り干し大根を作る技術が入ってきました。

昭和になると葉たばこを作っていた農家などが切り干し大根の本格的な生産を開始。

いまでは宮崎県が全国の切り干し大根の90%を生産、全国一位の産地になりました。

切り干し大根は、機械干しではなく天日干しにすることで、紫外線があたり酵素のはたらきが活発になるので、アミノ酸などの新たな栄養素が増えます。 
減ってしまう栄養素はビタミンCくらいで、大きく増える栄養素の方が多いのです。例えば骨や歯を丈夫にするカルシウムは23倍になります。

さらに 貧血予防の鉄分は32倍、代謝を促進するビタミンB1とB2は10倍、動脈硬化予防や便秘改善に効く水溶性食物繊維が6倍、不溶性食物繊維は20倍にもなるといわれています。

以上ありがとうございました😊

🍱本日のメニュー🍱
⭐️サケのバター醤油風味
⭐️切り干しベーコン
⭐️じゃがいもの旨煮
⭐️チンゲン菜とカニカマの和物
⭐️ほうれん草ナムル

日頃より名古屋市西区全域に配食サービスとして食事を配達しています。
訪問介護などご利用の方のご自宅やデイサービスなどの施設など
お食事でお困りの方はお気軽にご相談ください。
『切り干し大根』について⁉️
『切り干し大根』について⁉️
『しらす』について⁉️
2021/07/16
元々しらすとは鮎やウナギ、イワシ、ニシン、イカナゴなどの魚の稚魚の総称なのです。この種の稚魚は体に色素が少なく、白色~透明色をしているのでこう呼ばれれています。

そもそもこの「しらす」という言葉は、一説には時代劇でよく見かける白い砂利の敷かれた裁きの場所「お白州」からきていると言われています、しらすを干していて一面真っ白な状態が、お白州に似ていたことから名づけられたとか。いつしか、色の薄い稚魚を総称して、しらすと呼ぶようになったようです。

現在、一般的に「しらす」として売られ、食されているのは主にカタクチイワシの稚魚です。

シラスは加工する前は透き通った透明な体をしています。これは、大きな魚から体を隠す為だそうです。ですから、岩場で獲れたシラスは黒っぽく、河口など砂地で獲れたシラスは白っぽいそうです。たまに、黒っぽいシラスを見かけることがございますが、これは、獲れた場所による違いで黒くなったり白くなったりするそうです。けして、漂白剤や添加物を加えたものではではありません☝️

以上ありがとうございました😊

🍱本日のメニュー🍱
⭐️牛肉といんげんの炒め物
⭐️黒豆
⭐️五目巾着の炊き合わせ
⭐️チンゲン菜のソテー
⭐️わかめとしらすの酢の物

日頃より名古屋市西区全域に配食サービスとして食事を配達しています。
訪問介護などご利用の方のご自宅やデイサービスなどの施設など
お食事でお困りの方はお気軽にご相談ください。
『しらす』について⁉️
『しらす』について⁉️
『柚子』について⁉️
2021/07/15
ユズはミカン科ミカン属の果実で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。原産地は中国の揚子江上流とされていますが、ご存知のように日本でも古くから各地で栽培され、寒さに強い事もあり、東北地方まで栽培が可能な数少ない柑橘類となっています。

ユズの木には長く鋭いトゲがあり、風などで枝が揺れることにより果実に傷がつきやすく、収穫時にも手を傷つけないよう注意が必要です。

収穫量1位は高知県❗️

ビタミンCを多く含んでいますが、皮の方が栄養価が高くビタミンCは果汁の4倍近く含まれています。ビタミンCには風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

食用という意味ではありませんが、古くから毎年12月の冬至の日に柚子湯に入るとその冬の間風邪を引かずに過ごせると言われています☝️

以上ありがとうございました😊

🍱本日のメニュー🍱
⭐️カニ玉あんかけ
⭐️マカロニトマトソテー
⭐️ナスと厚揚げの照り煮
⭐️レンコンの生姜炒め
⭐️柚子ドレッシングサラダ

日頃より名古屋市西区全域に配食サービスとして食事を配達しています。
訪問介護などご利用の方のご自宅やデイサービスなどの施設など
お食事でお困りの方はお気軽にご相談ください。
『柚子』について⁉️
『柚子』について⁉️